携帯を使って行う浮気調査の注意点と抑えるポイント

携帯を使って行う浮気調査の注意点と抑えるポイント

携帯で浮気調査

携帯電話は外で手軽に連絡が取れる手段であり、現代社会に生きる人にとってはほぼ必須のアイテムです。
浮気を疑い、自分で調べたいという時にはまず一番最初に見るべき、と言って良いほど、情報が詰まっているはずです。
ただ、指紋や暗証番号によるロックは、現在の機種だと非常に一般的ですので、簡単に見るのは正直言って難しいと思います。
また運よく開けたとしても、こまめにメッセージの履歴を消していたり、SNSやアプリを開くたびにパスワードを入れて、ログインするように設定している場合もあります。
しかし、想像以上に様々な使い方が出来るのが、現在のスマートフォン、携帯電話です。

ここで、浮気調査のために携帯を見る時に覚えておきたいいくつかの注意点、ポイントをご紹介していきますので、携帯を触る前にご覧いただければと思います。

浮気の証拠をつかむために確認するポイント

まず、携帯の中身を見れたとして、確認するべき部分をいくつか挙げて行きたいと思います。
メッセージアプリのやり取り、通話履歴、アドレス帳と言った、いずれも一般的なことが主ですが、順にご紹介して行きます。

メール、メッセージアプリのやり取り、電話の発着信履歴

まず当然ですが、メールやメッセージアプリでどういう内容のやり取りをしているかを確認します。
ラインのようなメッセージアプリはログインの設定があり、場合によっては開けないこともありますが、スマホに標準で備わっているメールアプリであれば問題なく確認できるかと思います。
ただし、標準のメールアプリではなく、別にメールのクライアントアプリをインストールしていて、それを使っている可能性もあります。
電話については、特定の人と何度も連絡している場合には、疑念が深まると思います。
登録名を偽装していることも考えられますが、番号は本物ですので、もし怪しい番号があれば出来るだけメモ書きで良いので控えておくのがおすすめです。

ポイントとしては、メールとメッセージアプリのどちらの場合でも、新着のものは絶対に開かないでください。
開いた覚えが無いのに開封済みになっていると、誰かがスマホを操作した事がすぐにばれてしまいますので、警戒を高める一因になります。

SNSの投稿、ダイレクトメール

上記に併せて、SNSにも個別でやり取りできるダイレクトメール機能がありますので、SNSで知り合った方と逢瀬しているケースも今では全く珍しくありません。
また、自分に黙って、ありとあらゆる投稿をしているケースもありますので、もし携帯内にSNSのアプリがあるようでしたら、確認してみてください。
ただし、SNSサイトの中にはログイン履歴が確認できるものがあり、身に覚えのない時間に開いたことが分かるケースもありますので、事前に調べてから開くようにするのがベストです。

入力予測変換を確認する

携帯で意外と盲点で、良い判断材料になるのが予測変換機能です。
携帯で文字を入力する際、よく使う単語は上位に来ますので、「あ」と入れた時に「会える?」とか「会おうよ」といった言葉が上位に来ると一層疑いは深まるはずです。
自分とのやり取りでは、ほとんど出てこないような言葉がいくつも出てくる、という事もあり得ます。
また、名前らしき人が出たら、それと同じ名前、もしくは似たようなニックネームの人がメールやメッセージアプリ、SNS上にいないかを確認してみてください。

携帯について知っておきたいポイント

以上を踏まえて、携帯そのものについて、いくつか押さえておきたいポイントをまとめて行きます。

ロック解除について

まず、最近のスマホについて、一番必要なロックの解除についてですが、これは携帯そのもののセキュリティに直結する部分ですので、アナログな解除の仕方しかありません。
例えば、指紋認証であれば、パートナーが寝ている隙に、こっそりと指に近づけて、解除するという方法です。
暗証番号であれば、電話番号や生年月日など、思い当たるものを試すとか、何らかの名目で教えてもらうなどです。
解除できる番号を総当たりする方法もありますが、設定次第では入力が一定数間違うとロックがかかったままになり、別の手順を踏まなければならないという事態になってしまい持ち主にバレる危険もあります。
番号を総当たりすると言う方法は、あまりお勧めできません。

iPhoneはSiri機能を使えば、着信履歴だけならロック状態でも確認できる

ただし、iPhoneでSiri機能を使用されているようでしたら、ロック状態でも電話については操作できるようになっており、着信履歴の確認だけですが可能ですので、試してみてください。
使う場合は決して間違って発信しないように注意してください。
ただ当然Siri機能はオンとオフがありますので、バッテリーの節約のため等でパートナーが機能をオフにして使っていないのでしたら、確認も出来ません。

GPSアプリを活用する

現在のほとんどの携帯にはGPS機能があり、常に電波を発信しているため、上手く活用出来れば位置の動きがリアルタイムで記録できます。
さらに、アプリによっては移動を記録しながらその瞬間のカメラやマイクを起動して、遠隔で撮影、録音できるものもありますので、浮気調査には非常に便利です。
ただし、一番注意したいのが、その形態の持ち主に無断でアプリをインストールするのは、不正アクセス禁止法という法律違反になります。
これは正式に婚姻関係にある、配偶者であっても同様ですので、バレるバレないの問題以前に絶対やらないでください。
活用する場合は自分のものを使ったり、別の携帯を新規に契約するなどして、それを対象の車や持ち物に入れて、自分で記録するようにすると安全です。
このことについてはもう少し詳しく、後述いたします。

携帯で調査するときに気を付けるべきポイント

いくつかのハードルはありますが、自分で携帯で浮気調査をするのは不可能ではありません。
ただし注意するべきポイントはいくつもあり、いずれも重大な事が関わってくるので、安易に手を出すのではなく、必ず一つ一つの行動に、充分に注意してください。

勝手にアプリをインストールすると、不正アクセス禁止法に触れる恐れがある

持ち主に許可なく、携帯内にアプリをインストールするのは不正アクセス禁止法に違反します。
携帯内を見るだけであれば、これに抵触しませんが、民法では損害賠償請求の一因になることがありますので、離婚調停でこちらが不利になる危険は充分あります。
またこれは、パートナーのSNSのアカウントに勝手にログインした場合でも、適用されることがあります。
ただなんとなく見ていただけ、では済まされない事態になる事もありますので、このことを充分に留意しておいてください。

携帯を開いた痕跡を残さない

携帯を覗き見るのは法律に違反する恐れがあるので、実はあまりおすすめできませんが、見るだけで良いのでどうしても見たい、というところで、もし携帯を開いた場合には、その痕跡を残さないようにして下さい。
これは言い換えれば、アプリをインストールしたりログイン履歴が残るサイトを見る、と言うように痕跡が残るようなことは避ける、とも言えます。
既読済みのメールやメッセージアプリを見たり、アドレス帳を確認する程度におさめるのです。
もし新規に起動してしまい、タスクに残っているのであればそれも消しておくのが確実です。

証拠を入手したら携帯以外の媒体に保存する

もし運よく証拠になりそうなものを入手出来たら、それは自分の携帯ではないところに保存するのがおすすめです。
対象が反対に、自分が浮気を疑っている事に勘付き、逆に自分のスマホを見る恐れもあるためです。
出来れば、常時接続されていない、切断されたハードディスクのような、一見しては分かりにくい媒体の中に入れておくとベストかと思います。

出来れば探偵事務所や興信所のようなプロに頼む

携帯で自力で浮気調査をするのも、不可能ではありませんが非常に難しく、自分が不利益を被るケースも珍しくありません。
不安なことがあれば、最近では無料相談を実施している事務所も多いですので、自分で行動を起こす前に相談するのが、確実で安全だと思います。
探偵事務所は全国各地にあり、お住まいの近くにもきっとあるかと思いますので、一度調べてみてはいかがでしょうか。

探偵・浮気調査に関するおすすめコラム

うつのみや探偵社が選ばれる理由

お問い合わせはこちら