浮気調査アプリの紹介と利用するときの注意点

浮気調査アプリの紹介と利用するときの注意点

浮気調査アプリの紹介

近年、「浮気調査アプリ」という、スマホを使って、自力で浮気調査が出来る仕組みがあります。

最近のニュースでも、芸能人の浮気が「ラインの流出から・・・」とかのように、スマホの取り扱い一つで、浮気の証拠が得られる時代になりました。アプリを組み合わせて使えば、行動歴の確認から浮気相手とのメッセージのやり取りまで、自分で調査出来ます。

ただ、千差万別様々なアプリがありますので、性能が悪いアプリや不要な機能を使ってしまうと、失敗したり徒労に終わることもしばしばあります。

今回は数えきれないほどの数がある、浮気調査に便利なアプリの中から、いくつかご紹介していきます。
利用する際の注意点、リスクについても同時に記載していきますので、もし興味があれば是非、試してみてください。
後半には具体的なアプリの名前も出しながら、ご紹介していきますので、是非最後までご覧いただければ幸いです。

目次

持ち主に必ず許可を得てから、アプリをインストールすること

始めに、アプリを持ち主の許可なく、気付かれないようにインストールするのは「不正アクセス禁止法」という法律に抵触するので、たとえパートナーであっても絶対しないでください。
いずれのアプリも、あくまでも盗難や紛失防止のためアプリですので、その旨を必ず伝えて、インストールするようにしてください。
盗難、紛失防止のためのアプリはすでに入っていて、それ以外の自分で見つけたアプリを、浮気調査のために入れたい、という時には正直に「浮気防止のため」と相手に伝えてインストールしてください。

今回紹介するのは「許可を得てインストールした場合」に限ってのことですので、注意してください。

ちなみに「浮気の証拠って何?」「違法の浮気調査の方法って?」と言ったことを弁護士に直接聞いてきた記事もあるので、興味があればこちらも併せてチェックしてみてください。

浮気調査アプリとは

浮気調査アプリとは、GPSアプリや遠隔操作で写真を撮って送信するようなアプリのような、浮気調査に役立つアプリの総称です。
そういったアプリをいくつか組み合わせて、浮気調査に使うという事です。

浮気調査アプリの機能

基本的にはスマホで出来ることをいくつか、浮気調査に役立てると言うのが主な使い方です。
具体的に言うと、GPSや位置情報の取得、通話やメッセージアプリの履歴、やり取りの確認、カメラからの写真、マイクからの音声の録音、と言ったことがあると思います。

ここからそういった、浮気調査アプリで出来ることを詳しくご紹介していきます。

位置情報の取得&GPSでの追跡

まず、最初にも書いたように、スマホでは位置情報の確認機能、GPS機能がほぼ標準で備わっています。
文字通り、そのスマホがある位置を知ることが出来る、というもので、帰りが不自然に遅い時、休日出勤が多い時、と言うように、何かおかしいと最初に違和感を覚えた時点でも、かなり手軽に利用することが出来ます。
またGPS機能で、スマホが移動した履歴を足跡のように、地図上に表示することも可能です。
さらにそのデータはスマホ内に保存されるため、一度オンにしておけば過去の履歴も確認することができ、非常に簡単に相手の動きが分かります。

通話履歴、電話帳、SNS、メッセージアプリの確認

本人が使っている電話の履歴やメッセージアプリのやり取りを見るというタイプです。
特に電話帳、アドレス帳は、たとえ登録名は偽装していても、連絡先は本人のものですので、先々を考えたときに非常に有効な情報になります。
登録名を偽装していても、他の機能やアプリを組み合わせることで、おおよそ目星がつく場合もありますので、きちんと取得しておいてください。
同様にSNSやメッセージアプリのログ、履歴ももちろん重要な証拠です。
ほとんど投稿しておらず、今では使っていないはずのSNSでも、ダイレクトメール機能のためだけに利用している恐れもありますので、不安な点があれば忘れずにチェックしておいてください。
この、SNSやメッセージアプリについては、かなり原始的ですがスマホを触って何かを見ている時に、それとなく、直接覗いて見てみるというだけでも、何らかの証拠が掴めることがあります。
もちろんハイリスクな行動ですが、その分アプリ等は一切使わずすぐにできます。

カメラ、マイクの起動と保存、閲覧

遠隔操作でカメラやマイクを起動して、動かぬ証拠を保存する、という事も可能です。
特に、周りの音声を録音する事が出来れば、最初の位置情報とそれが記録された時間とを組み合わせてみることで、実際にどこに居る時に録られた音声なのか簡単に把握できます。
たとえ、明らかにおかしなところに居たとしても、浮気ではない別の用事で立ち寄っていたとか、あるいは逆にGPSで見るとおかしくない行動にもかかわらず、実際にはその場所で相手と逢瀬していた、という事が分かる手助けになります。
カメラは服のポケットやカバンにしまわれていた場合には、あまり用を足しませんが、電話をかけたりメッセージを送るなどして、外に出した瞬間に使う、という風に活用できます。
ただし、シャッターを切る時にシャッター音が鳴らないかとか、撮った写真が相手のスマホの中に残らないか、と言ったことは必ず確認してください。

さらに、そうした記録したファイルはもちろん、遠隔操作でPC上からスマホ内のファイルを閲覧できるアプリもあります。これはPCの操作スキルも必要になりますが、上手く活用出来れば非常に便利ですので検討してみてください。

不倫、浮気調査に使えるアプリ4選(iPhone編)

さて、ここから実際に配信されているアプリをいくつかご紹介していきます。
iPhone、android、両方ともご紹介しますので、参考にしてみてください。
まずはiPhoneからです。
iPhoneはストアに掲載される基準が厳しいため、実はandroidに比べると数が少ない傾向にあります。
その分、粗悪なアプリはあまり掲載されておらず、安全で使いやすいアプリが多いとも言えます。

Prey Anti Theft(プレイ・アンチ・セフト)

一つ目の「Prey Anti Theft(プレイ・アンチ・セフト)」と言うアプリは、無料の盗難防止用のアプリです。
位置情報の取得、メールでの通知、ロック機能、警告アラーム機能、カメラによる位置情報と写真を載せたレポートの作成、ホーム画面で当アプリのアイコンを隠せる、と言う機能があります。
このアプリの一番の特徴がレポートの作成機能です。
10分毎、20分毎、という風に、一度設定したら自動で位置情報とその瞬間の両側のカメラで撮影した画像が保存されます。
ただし、iphoneの機種によってはシャッター音が鳴るものもあるので、可能であれば事前にテストしておくのがベストです。

iCloud

次がiCloudです。
iPhoneをお使いの方であればご存知の方も多いと思いますが、iCloudはiPhoneのプリインストールのアプリで、音楽や映像、画像、アプリまでiPhone内に保存されているデータを自動でバックアップしてくれるアプリです。
これにも現在位置の取得、iPhoneの紛失時に役立つ機能があります。
それが「iPhoneを探す」と言う機能です。
ただ、iCloudの利用にはアップルIDとパスワードが必要ですので、きちんと話し合って使ってください。

Life360-子どもの見守り、家族と位置情報共有アプリ

こちらは名前の通り、位置情報がスマホ間で共有できるアプリです。
災害時にも役立ちますが、地図上の特定の場所を事前に登録しておくと、そこに到着したタイミングで共有しているスマホに通気を送ることが出来るため、家についたとか会社についたと言った情報が自動で入ってきます。
きちんと正しい場所に行っているかを把握することが簡単にできるため、浮気防止にも非常に便利なアプリになります。

mSpy

文字通りスマホを「スパイ」出来るアプリです。
有料のアプリで、基本プランと、それよりも高額なプレミアムプランがあります。
位置情報とGPS追跡はもちろん、通話履歴を取得したり、保存された写真や動画の閲覧も可能です。
さらにプレミアム版ではラインはフェイスブックのメッセージのやり取りまで、mSpy上で見ることが出来ます。
プレミアムにするとスマホ画面をリアルタイムで、そのままモニタリングできるレベルになるので、浮気調査には絶大な効果があります。
ただ基本のもプレミアムも、月額制で1か月3か月12か月となるので、ある程度の予算が必要になりますので注意してください。
また最初に述べたように、バレないようにこっそりアプリをインストールするのは完全に違法ですのでしないでください。

不倫、浮気調査に使えるアプリ4選(android編)

androidで配信されているアプリは、iPhoneと違って審査がほとんど無く、扱いが難しいアプリや悪意のあるウイルスのようなアプリも含め、様々なタイプのものがあります。
その分、自由度が極めて高く、しっかりと使いこなすことが出来ればiPhone以上に効果的な使い方ができるのも特徴です。

Cerberus(ケルベロス)

このケルベロスは、浮気調査において史上最強とも言えるほど優れたアプリで有名です。
iPhone編でご紹介したようなアプリの機能を一通り揃えている上に、ユーザーが多く、知名度があるアプリですので、安心して利用できます。
一覧にすると

位置情報&GPS追跡
通話履歴、アドレス帳の確認、SNSやメッセージアプリのやり取りの閲覧
カメラ&音声の記録
スマホ内に保存された画像や動画の閲覧

です。
ただ利用は有料で、1端末で年間650円が必要になります。

このアプリについては別記事にて、詳細をまとめておりますのでもしよろしければ併せてご覧ください。

Prey Anti Theft(プレイ・アンチ・セフト)

これはiPhone編でもご紹介したものと同じものの、androidバージョンです。
同じ機能で、使いやすさも同様ですので、安心して利用できます。

AirDroid

AirDroidはパソコンとスマホでデータのやり取りができるアプリです。
データのやり取りと言うと、わざわざアプリを使わずとも出来そうに思われますが、アプリに来た通知をPCに表示させるとか、スマホ画面のリアルタイム表示が出来るので、インストール出来ればかなり便利なアプリになります。
ただし、起動するたびに通知が行くため、利用の際には通知をオフにするのがおすすめです。

SuicaReader

こちらは文字通り、Suicaの履歴を確認するためのアプリです。
利用するのが非常に簡単で、NEC機能という、ICカードを読み取る機能が端末に搭載されていなければ使えませんが、自分のスマホにこのアプリをインストールして、対象のSuicaをタッチするだけで、そのSuicaの利用履歴が確認できます。
件数は最新20件ですので、毎日こまめに使っているようであれば、出来るだけ定期的に、継続してチェックすると確実だと思います。

番外編:無料の浮気調査アプリ2選

ここで、上記に入らなかった無料で使えるアプリを、もう2つだけご紹介しておきます。
上記で紹介した無料のアプリはSuicaReaderとAirDroid、Prey Anti Theftです。
いずれも便利ですが、以下のものは二つとも、iPhoneとandroid両方で配信されておりますので、もしよければこちらも併せて検討してみてください。

Lookoutモバイルセキュリティ

端末のセキュリティや盗難対策のためのアプリで、海外でのユーザー数も多く、人気もありますので信頼できるアプリかと思います。

iシェアリング 位置情報アプリ

両者のスマホにインストールして使うアプリで、お互いに位置情報が共有できるアプリです。
マップ画面を開いたままチャットのやり取りができるため、連絡ツールとしても使いやすいのでおすすめです。

アプリを使ったらバレる?&使う場合の3つの注意点

以上、具体的にアプリをご紹介していきました。
いずれも浮気調査に便利な機能が満載されたアプリですが、実はこうしたアプリを使うことがバレるかバレないかで言うと、ほとんどの場合で、バレます。

どう言う事かと言うと、こうしたアプリはいずれも、起動することで通知が出たり、起動しているアイコンを非表示に出来なかったりと、持ち主が知らないところで遠隔操作ができないようになっていることがほとんどなためです。
ですので、そもそも勝手に持ち主に無断でアプリをインストールすること自体が違法ですが、万一無断でインストール出来たとしても、身に覚えのない不自然なアイコンや通知は目に入るため、ほぼ確実にバレてしまうのです。

こうした注意点を3つに分けて、まとめて行きます。

アプリを勝手にインストールすることは完全に違法

繰り返しになりますが、持ち主に許可を得ず、無断でアプリをインストールすることは不正アクセス禁止法違反になり、罪名で言うと「不正指令電磁的記録供用罪」になり、これが適用されると、3年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられることになります。
アプリをインストールせず、相手の就寝中や入浴中などの際に、勝手に見ること自体については、刑法で定められた法律はありません。
ただ、民法ではプライバシー侵害とみなされ、損害賠償請求の根拠に採用されるケースがあります。
つまり浮気の裁判から、これを逆手にとって逆に訴えられるというケースも起こり得るのです。

バレる危険性が高い

そして前項にも重なりますが、こういったアプリを使うことは持ち主にほとんどの場合でバレます。
万が一バレてしまい、問い詰められると逆に警戒されることはもとより、不必要に仲を悪くしてしまったり、場合によってはこの時点で損害賠償請求の訴訟になる可能性もあります。
ですので、出来るだけお互いが了承した上で、浮気防止のために使用するのが望ましいです。

メッセージのやり取りは証拠としては不十分

上記のアプリの機能に、メッセージのやり取りを取得できる、というものがいくつかありますが、そうしたものは裁判で認められるレベルの強力な証拠にはなりません。
二人で歩いてホテルや家に出入りする瞬間の写真や、認可を受けている探偵社による調査報告書、と言ったものでないと、確実な証拠にならないため、こうしたやり取りだけでは不十分なのです。
探偵事務所に相談する際の、判断材料の一つとしては役立ちますが、写真や音声と言った動かぬ証拠には及ばないということです。

アプリを使わない浮気調査

アプリを使わないどころか、スマホすら使わない浮気調査の方法もあります。
少し原始的なやり方もいくつかありますが、どうしてもお困りの時は検討してみてください。

SIMカードを自分のスマホのものと入れ替える

対手のスマホと自分のスマホが同じものであれば、SIMカードを入れ替えるだけで相手のスマホを開くことが出来ます。
SIMを入れ替えれば、ロック時のパスワードは自分が設定した物になるため、相手のスマホを見る時間がある場合には充分、浮気の証拠を確認できます。
ただし、何度も繰り返しになりますが、勝手に見るのはグレーですが無断でアプリをインストールするのは完全に違法ですのでしないでください。

インターネットブラウザの閲覧履歴&予測変換を見る

もう一つ、上記に関連して確認しておきたいのがインターネットブラウザの履歴と、入力の予測変換です。
例えば、直近の会話などでもで全く出てきていないはずのホテルや温泉施設について調べているとか、またブランドショップや物品について調べていると言う可能性があります。
もちろん、自分に対してのサプライズで黙っているという線もありますので、全く一概には言えません。
また逆に、履歴がこまめに消えているような場合も、万が一にも内容を見られないようにしている可能性があります。

そしてネットの履歴と同時に、入力の予測変換も見るのがおすすめです。
例えば分かりやすいですが、「あ」と打つと予測変換で「会おう」とか「会いたい」「会える?」と言った言葉が出ることがあり得ます。
五十音全て入れるのは時間もかかるので難しいですが、普段のやり取りではまず使わないような言葉が上位に出てくるような時は、疑いが深まるはずです。

スマホのカレンダーを共有する

スマホに搭載されているカレンダーアプリは、iPhoneもandroidもユーザー同士で共有することが出来ます。
お互いのスケジュールが分かると便利、ということからカレンダーを共有すると言う手もあります。
ただカレンダーのアプリはいくつもありますので、一つ共有したからと言って安心とは限りません。
いくつものカレンダーアプリ、スケジュール管理アプリを組み合わせているような場合も、疑いが深まる一因になると思います。

尾行&家の中にカメラを仕掛ける

スマホが関係ない原始的な方法になりますが、尾行をするとかカメラをつけるというのも一つです。
どちらも言うは易しで、いざやってみるとかなり難しいものです。
先述のようなアプリから得た位置情報を見ながら、近くに行くだけと思っていても、実際やってみるとバレるリスクが高く、また見失わないように集中し続けるのも至難の業です。

もう一つのカメラを仕掛けるという方法もあります。
小さいカメラは数万円前後で購入できますが、実は盗撮や盗聴した証拠は浮気の証拠として公的に認められる可能性が低いので、あくまでも参考程度にしてください。
どちらもリスクに見合ったリターンが得られにくいので、あまりおすすめできません。

尾行やカメラを使うのはやはり、プロの探偵に任せるのがベストです。

浮気調査は探偵事務所に任せるのも一つ

様々な便利なアプリがあり、自力でも有力な証拠が掴めるように思えますが、素人がやるのはやはりリスクが高く時間もかかる上、逆に裁判で不利になる可能性すらもあります。
ですので、プロの探偵事務所に頼むという手段もあります。
探偵を使うメリットについていくつかご紹介していきます。

裁判で使える証拠が集められる&同時に慰謝料が得られる可能性も高まる

探偵事務所を利用する最大のメリットが、裁判で有利になる証拠が集められて、なおかつ慰謝料についても良い影響が得られる点です。
特に慰謝料については、話し合いの結果支払う意思があれば問題ないですが、係争ということになれば、家庭裁判所で離婚調停の申し立てをします。
そのときに重要なのが、写真や音声データのような、物的証拠です。言い逃れ出来ないほどの動かぬ証拠があれば、慰謝料については非常に有利に働きます。

もっと言うと、このように裁判で公式に認められる証拠は、適切な調査に基づいて得られたものである必要があります。
個人的にアプリを使って、自力で集めたような証拠は裁判においてはほとんど役に立たないのです。
これは言い換えれば、スキルの低い粗末な探偵事務所に頼んだ場合などでは、自力で集めたような証拠とほとんど変わらず、意味がなさない事もあり得ます。
スキルと実績のある、プロの探偵事務所であれば、鮮明な証拠写真だったり、クリアな音質の音声データをとることが出来るので、適切な証拠として認められやすいのです。

探偵を利用しての調査は合法

日本においての「探偵」という職種は、探偵業法という法律に基づいて制定されており、探偵が行う一連の調査は全て合法です。
例えば聞き込みや尾行、張り込みと言ったことはもちろんですが、GPSでの追跡、盗聴と言ったことも合法です。
個人で勝手にやると違法とみなされるケースもあり、先述したように裁判で逆にこちらが不利になり得る可能性も持っています。
さらに、これも言い換えれば、探偵業法に則っていない、認可を得ていない業者であれば、個人でやっているのと同じなため、裁判で認められないという事態になりかねません

ですので、依頼の際には必ずその事務所が認可を受けている正規の業者かどうかを確認してください。

自分ですることがほとんど無いため、非常に楽

自分で調査をするのはリスクが高いのもそうですが、例えば自分自身も仕事や育児があるという時に浮気調査をするのは、たとえアプリを組み合わせてするとしても、ほぼ不可能に近いほど難しいです。
ましてや、そういった様々なストレスの中で尾行や写真撮影に出かけるのは、さらに難易度が上がります。

探偵に頼むことで、費用こそ発生するものの、自分はほとんど何もせずに証拠が集まって来ます。
さらに、事務所によっては専任のカウンセラーも在籍しているところがあるため、心のケア、メンタル面の調整まで一手に出来る場合もあります。

下記は探偵が行う浮気調査を漫画形式にした動画なので、是非ご覧ください。

ホテルなどの施設の敷地の中に入っての撮影は行わない場合もあります。

まとめ

以上、浮気調査アプリを中心にいくつかまとめて行きました。
Prey Anti Theft、androidのケルベロスなど、浮気調査に有用なアプリをいくつかご紹介しました。
特にPrey Anti Theftは無料でiPhoneandroidどちらも配信されていて、導入のハードルもある程度は低いと思います。
ただ何度も繰り返しになりますが、持ち主に無断でアプリをインストールするのは完全な違法ですので、万が一裁判になったら確実に自分の方が不利になる原因になります。
こうしたアプリを使う場合は、あくまでも相手の了承を得て使うようにしてください。

バレずに確実に証拠を押さえたい、慰謝料を得て離婚したいという時は、やはり探偵に依頼するのが一番おすすめです。
ただし、実は探偵に依頼してもトラブルが起こる事ももちろんあります。
見積もりよりも遥かに高額な追加費用、実費が発生したりと、悪徳な事務所もまだ存在しています。
ですので、利用の際には必ず、いくつかの事務所から見積もりを取って、対応の仕方やその事務所の実績といったことを総合的に判断して、依頼をしてください。

その相手と確実に縁を切らせたい、慰謝料を確実にとりたい、という時はまず探偵について調べるのも手です。
大手の探偵事務所では無料相談も受け付けているので、もしお困りの時は気軽に相談してみてはどうでしょうか。

探偵・浮気調査に関するおすすめコラム

うつのみや探偵社が選ばれる理由

お問い合わせはこちら